グランヴァンの1Kマンションの間取り


グランヴァンのマンションをいくつか見てみますと、
1Kタイプのものはどれも似たような造りになります。
やはり最適なモノを造っていきますと、
自然と同じところに落ち着くのかもしれませんね。

住戸専有面積、言い換えるなら、間取りのことですが、
これは大体25平方メートルぐらいです。
誤差として1~2平方メートルの差はありますが、
それより大きくなるものはほとんどないと思います。
部屋の装丁も似たようなものです。
玄関から入ると、まず廊下兼キッチンのスペースがあり、
その廊下の隣に、パウダールームとトイレと浴槽があります。
バスユニットのものが多いですが、
グランヴァンの物件を探していけば、
シャワーオンリーのモノもあるかもしれません。
化粧室とトイレが別々か合体しているかは、
マンションごとに異なるみたいです。
そして、廊下の奥に七畳~八畳程度のワンルームがあります。
グランヴァンは、こうした横長スタイルの
マンションが多い傾向にありそうです。

横長の長方形スタイルの間取りのマンションは、
京都の長屋の「うなぎの寝床」のような感じです。
言葉で説明するのはコレが限界ですので、
詳しくはグランヴァンの公式サイトにてご確認ください。
では、逆に正方形スタイルのマンションを作るとしたら
どのようなマンションになるのでしょうか。
中央に階段があって、その四方に部屋を置く感じでしょうか。
団地などでそうした造りの建物がありそうですね。

一人暮らしでしたら、1K程度のこれぐらいの面積で十分だと思います。
物置がちょっと欲しいかもしれませんが、
そこはクローゼットに収容できる程度に日頃から整理を心掛けてください。